休暇をとってディラーに行く

休暇をとったのでディラーに車検の見積もりに出かけました。
本当はゆっくり休みたいのですが、休日は何かと運搬が入るので面倒ですが、有給をとったタイミングでこういう用事は済ませることにしています。
ミニ船橋20170217

輸入車ディーラーっていうのはどこもブランドイメージを重視しているので、アウディにしてもミニにしても、内装はとても気を使っています。ちょっとテキトーな服装で出かけるのは気が引ける感じです。と言っても、僕は夏なら短パンだし、今回なんかスウェットで行ってしまいましたけど。ちなみに、スウェットといっても、一応、お出かけ用です。

肝心の車はまだ買い替えはもう少し先の話で、10万キロ手前まではこのまま乗り続けるつもりです。いまのミニは最初の車検までがパッケージになったサービスに加入しているので既に8万キロ以上を走っていても費用は抑えられますから、これを利用しない手はないわけです。それにエンジンもトランスミッションも今のところ調子は悪くありません。乗り心地もケチって安いタイヤを履いているわりには悪くなく、そこらの国産車よりは余程マシです。
年末にアウディから電話が来て「たまには顔を出して」と言うので、それが年末の何とか登録台数を増やしたいというナキの電話だと知りながら出かけて、挙句に試乗までする羽目になったのですがあまり心も動かされず、「やっぱり10万キロ手前まで」との思いを強くした次第です。アウディのほうは4台も乗り継ぎましたが、最近ではやたらと見かけるようになったし、どんどん高級になった値段もあがってしまったことと、乗っていても出来が良すぎてなんか面白みがなくて、面白そうだと思う車も、ちょっと小さすぎて犬を運搬するのは少し苦しい感じです。イイ車だっていうことは試乗してもわかるんですけど、それだけじゃちょっと物足りないという感じです。
ミニの方はおそらくこれからBMWの小型車部門として徐々に高級化していくと思いますが、まだ完全にそこまで上りきっていない感じです。車検の見積もりの間、3台も試乗させられましたがアウディにようなスムーズさはないけど、運転している感じになれました。今回はディーゼル車も試乗しましたが、外では音が少し煩いのに運転しているとほとんど気にならないことに驚きました。アイドリングの時に独特の振動はあるのですが、アイドリングストップが付いているのでそれもほとんど感じることがありません。ガソリン代も高いので次はディーゼルもアリだと思います。
この2月で遂に50歳になったので、次の車あたりがちょっと頑張った買い物をできる最後の機会じゃないかと思っています。これまで車選びは車種とグレードだけ指定して、それ以外は安く購入できれば色もオプションもディーラーにまかせてきたのですが、次は少し時間をかけてちゃんと色も仕様も選ぼうかと思っています。その頃には今よりも走行距離が少なくなっていると更に嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

12分の1が過ぎまして。

ブログの更新をしなくては思いつつ、書くようなネタもなくて間が空いてしまいました。
平日は会社で仕事し犬の散歩をするだけで終わってしまうし、休日は犬猫の運搬かそれが無ければ家に引きこもっているので、目新し出来事っていうのは起こりません。日々の生活で皆さんにお見せできるような話もないわけで、考えてみれば寂しい限りです。

 で、今回は最近の様子をダイジェストでお知らせしておくことにします。
1月の終わり、我が家にショートステイしていたのはウサギ。
うさぎさん

愛護センターは犬と猫の専門かと思ってしまいますが、「犬猫」愛護センターではなくて「動物」愛護センターだし、ペットでウサギを飼う人は多いので、こういうこともあってもおかしくはありません。そういえば、犬を散歩していて陸ガメを保護したこともあったし、ハクビシンを保護したこともありました。我が家ではプレーリードッグを飼っていたことがありますが、ゲージの下に敷くティモシーという草の匂いを久々に嗅ぎました。(僕は結構、その匂いが好きなんです)

 ウサギを運搬した翌週は富士山の向こう側、静岡県掛川市まで犬の運搬でした。富士山も綺麗だし、由比PAからの太平洋の眺めも美しいことは知っていますが、のんびりとそれを眺める時間もなく、とにかく行って帰ってくるだけという何とも味気ないドライブでした。
富士川SAから富士山を

往復で500キロを越える距離ですが、以前はそれほど疲労を感じなかったのに、最近は帰宅すると食事をすのも面倒なほど疲れます。というか、本当のところ疲れが数日は尾を引きます。やはり歳のせいでしょうか?

 その後も、正月の静けさはなんだったんだと思うくらいで、一日で200キロ超は当たりまえ、ちょっと気を抜くとその倍の400キロくらいを走らされる運搬生活は続いています。
 2月の最初の日曜日は小雨交じりでしたが、僕にとっては救いの30分弱の運転で行ける場所での譲渡会に参加しました。場所はあの女子プロレスのレジェンド、長与千種さんが率いるマーヴェラスという団体の道場です。天候は決してよくなく気温も若干低めでしたが、秋田犬がたくさんあつまって譲渡会は盛況でした。最後は長与さんを囲んで記念撮影となりました。
マーヴェラス譲渡会

実はこの道場の場所ってよく猫を運搬する預かりボラさん宅の近所ですが、道場があるなんて全く知りませんでした。まぁ、ほとんどの真っ暗な夜に運搬しているのであまり建物が気にならないというのもあるのですが。
長与さんはじめ道場の皆さん、運営してくれたボラの方、寒いなか来場してくれた方々に感謝です。

 と、まぁこんな具合で今年も12分の1ヶ月が過ぎました。それにしても、やっぱり寒い日はこの方たちのようにストーブの前で暖かくしてゴロゴロするの一番です。
こしろうとなつと布団
【リビングの真ん中、ストーブの前を占拠する方々。全く犬らしくありません】

追伸
 皆さんに気をかけていただいたコービーですが、元気にしています。抗がん剤治療や放射線治療はとりあえず見送りました。いまは腫瘍を取った部分の傷口の治療が続いています。皮膚の再生をするために消毒と塗り薬、抗生剤の投与に最近はインターフェロンを少し。皮膚の少ない足首なのでなかなか完全に再生しないのと、他の犬に傷を舐められてしまって傷口が完全な状態に戻るのにはもう少し時間がかかりそうです。
コービーの通院
【せっかく傷口がよくなったのに他犬に舐められて一進一退の傷口ですが、本犬は気になっていないようです】

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

遂にその時がきた...


年明け早々、どうでもよいというか、しょうもない話です。
まぁ、それだけこの年始は時間に余裕がある(1月7日まで一回も犬猫保護関係での運転がありません!!)ということで。

去年の8月の終わり、不注意で足の親指の爪を剥がしたという話を書きました。

爪は剥がれて取れてしまったのではなく僅かに一部だけがくっついている状態でしたが、夏場でサンダルで出歩くことも多く、取ってしまうと歩くのに支障を来しそうだということと、そのままにしておいたらどうなるだろうという興味もあり、そーっと保護することにしました。(それに、翌日は町内のお祭りでお神輿を担がなかればならなかったという事情もあります)
あれから4ヶ月、年も改まった今日、まさに「ポロッ」という感じで爪が取れました。最近はノッかているだけじゃないかと思うほどだったのですが、それにしても呆気ないほどで、危うく取れたことを気がつかないところでした。
毎朝、爪が取れないように親指をガーゼで包んで保護していたのですが、その生活ともお別れです。

とれてしまえばなんてことはなく、何でこんなものを後生大事に残していたのかとも思うのですが、いつか勝手にとれる日までは無理に剥がさないと決めていたので、変な満足感はあります。剥がれた爪は写真は撮影したものの、上から見ても下からみても爪は爪でそれ以上ではなく、子供の歯のように屋根や縁の下に放り投げるものでないので、あえなくゴミ箱行きとなりました。
足の爪
【汚くてすいません。何しろ爪としては死んじゃってましたので。これが剥がれた爪です】

僕は剥がれている爪の後ろから新しい爪が伸びてきて、押し出されるように剥がれた爪が落ちると予想していたのですが、剥がれた爪だけがとれて、その後に新しい爪らしきものが何もないので、この後、どうなってしまうのでかが気がかりです。
まぁ、裸足で出歩く季節まではまだまだ時間はあるので気長に様子をみることにします。

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

あけましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

僕の年末年始の休暇は12月30日からでしたが、今回の年末年始は驚くべきことに12月30日に1件だけ運搬しただけで、他に犬猫関連の動きは一切ありませんでした。このまま静かに一年が過ぎるのを祈るばかりです。

ここ何年もドタバタと動き回っていたりして、我が家には正月に特別に何かするという過ごし方がありません。おせち料理も嫁に実家から送られてきていたのですが、昨年に義母が体調を崩してしまったので今年はありません。そのため、食事はいつもとおりスーパーの惣菜ばかり食べております。いまにして思えば、年末に取引先にお呼ばれしたときに、伊勢海老の焼き物やシャトーブリアンのステーキを頂いておいてよかったです。

ミニ年末洗車
【まだ車検前なのに8万3千キロも走ってしまった愛車。来年も再来年の正月もともに過ごす覚悟で洗車しました】

年末31日には、家の外壁と車の掃除をして、夜は近所の金ゴン家で死ぬほど餅をいただいたのが唯一の休みらしいイベントでした。年が明けてからは、もはや恒例の一人だけの初詣に実家に近い穴八幡宮に行ってきました。この正月は例年より気温が高いので、御札をいただく行列に並ぶのも楽でした。

穴八幡2017年1月2日
【ここがいつもの早稲田にある穴八幡宮。今年はいつもより人が少ないような気がしました】

初詣のついでに実家に顔を出すのも恒例です。父は今年81歳になり、母は78歳になるのですが、それぞれ病気は患ったりすることがあるものの、足腰も頭も元気なので助かっています。

夜は散歩の前後に自分で酒粕をお湯で溶かして砂糖をたっぷり入れて飲んで過ごしています。(子供の頃からこれが大好物です)温まるので、これからの季節は最高です。

酒粕
【鍋でお湯を沸騰させてちぎった酒粕を入れて弱火で溶かします。砂糖を入れて甘くして出来あがり】

そういえば、1月2日の夜、外に出たら月の横ですごく光る星がありました。子供のころから天体には全く興味のない僕にはそれが何かわかりませんが、綺麗だったんでiPhoneで撮影してみました。CMみたいには撮影できませんけど。

2017年1月2日の月

それでは、皆さんにも良い一年でありますように。

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

コービーのその後ですが

皆さんにご心配をおかけしていた先住犬のコービーですが、先週、腫瘍の切除を終えていまは帰宅しています。患部が脛で余分な皮膚のないところでありながら、切除した部分が大きいため、傷口の皮膚が再生するまでに時間はかかりますが、本日、抜糸も終えて患部の状態も良いそうです。
コービー 退院後
退院しましたが、傷があるのでカラーは外せません。もう少しの辛抱であります。


肝心の腫瘍ですが、病理検査の結果、グレード2=中悪性度で要するに悪性だったそうです。コービーのような肉腫は良性か悪性かに関わらず、ウイペットではよくあるらしいようです。再発率は34%(って良いんだか悪いんだか微妙です)とのことです。
今は普通に歩くし走るし、看護といっても朝晩の傷の洗浄と皮膚再生のための塗り薬を塗ってやることぐらいでそれ以外は何も様子はかわりません。とりあえず、元気にしています。再発すればまた切除になりますが、コービー も歳をとっていくのであまり痛い目にもあわせたくなく、再発しないことを祈るばかりです。
猫のほうは大盛況ですが、犬のほうはとりあえず新規の預かりは落ち着いている(と言っても先住ふくめ10頭が暮らしていますけど)ので、コービーも今までよりは落ち着いて寝てられそうです。

先日、あずかりっこのすーちゃんが亡くなってしまい、コービーも病気になってしまい皆さんにはいろいとご心配をおかけしました。すーちゃんに関しては、もっと早く助け出せたらという思いもあります。保護した犬が保護時点ですでに重篤な症状の病気を抱えているといつもそういう思いに駆られます。以前、預かっていたトコという犬にはじまり、保護犬の死には温かい場所で逝けただけでもという思いと、もっと早く助けられたらという思いが入り交じるものです。亡くなった犬猫たちの分まで、いま我が家にいる預かりっこたちが良縁に恵まれることを祈ってやみません。

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

プロフィール

TTレーサー

Author:TTレーサー
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード